基本的なストレッチ対策|尿失禁が引き起こされる仕組みを把握|局部周りの症状へ対策
婦人

尿失禁が引き起こされる仕組みを把握|局部周りの症状へ対策

基本的なストレッチ対策

婦人

肌の荒れやシワ、シミやくすみなど女性が抱える悩みというものは様々です。このような悩みに加えて多くの女性は生理痛などに毎月悩まされていることでしょう。そして現代の女性の間で急増中となっているのが自分の意図しない間に発生してしまう尿漏れです。尿漏れは進行度合いなどによって適切な対処方法も異なってくるので違和感をおぼえた場合はまず、泌尿器科のwebサイトで情報を調べてみるようにしましょう。泌尿器科では尿もれに対して薬の処方も行なっていますが、それと同時に自宅でも簡単にできる局部周りの筋肉トレーニングやストレッチを教えています。軽度の尿漏れであればこのようなストレッチなどに継続して取り組んでいくことで改善される可能性もあるのです。
泌尿器科で教えている尿漏れ対策のストレッチは2種類存在しており、1つは仰向けの状態で始めていきます。手順としては仰向けの状態から両膝を軽く曲げてリラックス状態を維持していきます。その姿勢を保ったまま骨盤に力を入れて約15秒間キープしていきましょう。その後は約45秒間力を抜いてリラックス状態にしていき、この2つを10回程繰り替えたら終了です。そしてもう1つの方法が壁にもたれかかった状態で座り、両膝を曲げた開脚状態にしていきます。その状態のまま足の付け根に片方の手を当て自分骨盤位置を確認していきましょう。後は先程の手順と同様に約15秒間は骨盤に力を入れ、その後の約45秒間はリラックス状態をキープするローテーションをします。このような基本的なストレッチをするだけでも尿漏れ対策になるのです。