陰茎にできるしこり|尿失禁が引き起こされる仕組みを把握|局部周りの症状へ対策
婦人

尿失禁が引き起こされる仕組みを把握|局部周りの症状へ対策

陰茎にできるしこり

男性

男性が抱える悩みは薄毛や勃起不全症、性欲の低下など加齢によって引き起こされるものが多数ともいえます。上記のような悩みとは別にペロニー病という病気に悩んでいる男性も少なからず存在するのです。勃起不全症であるEDに関しては耳にしたことのある人も多いですが、ペロニー病については詳しく知らない人も多いでしょう。ペロニー病は別名で陰茎硬化症といわれており、陰茎の海綿体白膜の部分に硬いしこりができてしまう病気です。先天性の病ではなく40代をすぎて中高年世代から発症する病気となっています。ペロニー病を患ってしまうとしこりが邪魔となって正常な勃起状態にならないという現象が発生します。そうなるとペニスがしこりの部分から曲がってしまい痛みを感じるのです。
人によっては痛みが続くことによって勃起不全症へと発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。ペロニー病は命に関わる病ではありませんが、先天性の屈曲ペニス症状とは異なり、しこりが進行してしまうことがあるので、症状の進行を緩和させる薬の服用が最適です。薬に含まれている主な成分としてはトラニラストやビタミンE、ステロイドとなっており、症状がよくなった段階で手術が実施されていくのです。手術をするまでの薬物治療は大きく分けて2つ存在しており、自宅で1ヶ月間飲み続ける内服治療は約1万円、注射によって上記の成分を直接ペニスへと注入していく方法が1回につき約2万円となっています。